top of page
  • 田中クリニック

新型コロナウイルス感染で妊娠中に自宅や宿泊療養となられた方へ

更新日:2021年8月25日

令和3年8月23日付けで日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会から新型コロナウイルス感染で妊娠中に自宅や宿泊療養となられた方に対する注意事項として下記の連絡がありました。

(1)以下のような妊娠に関連した異常については、かかりつけの産婦人科の先生に連絡してください。
・性器出血、破水感、頻回の子宮収縮、胎動減少、強い腹痛など
・その他、助産師さん等からの妊婦健診時に言われた症状
 
(2)新型コロナウイルス感染症の症状について まず、以下の健康観察を行ってください。
①呼吸状態、心拍数や呼吸数の計測
②体温 
③パルスオキシメーター(サチュレーションモニター)をお持ちの場合は、酸素飽和度の計測

(A)以下の場合には、かかりつけの産婦人科の先生もしくは保健所に連絡してください。
①1時間に2回以上の息苦しさを感じる時 
②トイレに行くときなどに息苦しさを感じるようになった時
③心拍数が1分間に 110 回以上、もしくは呼吸数が 1 分間に 20 回以上
④安静にしていても酸素飽和度が 93-94%から1時間以内に回復しない時 (妊娠中は赤ちゃんのために 95%以上の酸素飽和度が必要です)

(B)以下の場合は、すぐに救急車を要請してください。
①息苦しくなり、短い文章の発声も出来なくなった時
②酸素飽和度が92%以下になった時

最新記事

すべて表示

10月から増加傾向が続いてきた新型コロナウイルス感染の「第8波」は、12月に入ってからも減少することなく横ばい状態が続いています。症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられています。 妊婦様が感染しても赤ちゃんには影響がないことが多いのですが、陣痛開始時に感染していた場合には、飯塚病院に入院し、帝王切開での出産となります。 妊婦様の感染は同居するご家族

寒くなってきて、これからインフルエンザと新型コロナの同時流行の可能性が危惧されています。両方とも予防する、あるいは重症化を防ぐためには、それぞれのワクチンをなるべく早く接種することが重要です。最近の報告では、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種について、単独で接種した場合と比較し有効性及び安全性が劣らないとされ、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとは同時接種や2週間の間隔

bottom of page