top of page
  • 田中クリニック

お知らせ

更新日:2021年7月18日

新型コロナウイルス感染症の収束が全く見通せない状況が続いています。その要因として、感染力が強いと考えられる変異株の流行があります。変異株への対策は、これまでと変わりはありませんが、小さな子どもへの感染の広がりが心配されています。変異株であっても、子どもでは、感染者の多くが無症状から軽症とされていますので、子どもから大人への感染に注意しなければなりません。以上のようなことから、当院ではしばらくの間下記の対応を取らせていただきますので、ご協力・ご理解のほどお願い申し上げます。

① 外来受診の際は、できるだけお一人で来院されますようお願いします。

② 入院患者様への面会は原則禁止とします。

③ 立ち会い分娩は、現在のところお一人は可としていますが、感染の流行状況によっては

できなくなる可能性もあります。

④ 母親教室、お産準備クラスは再開しましたが、感染の流行状況によっては、個別指導に

  戻す可能もあります。

⑤ マタニティービクスは参加人数を制限して再開しましたが、感染の流行状況によっては

  中止とする可能もあります。




最新記事

すべて表示

10月から増加傾向が続いてきた新型コロナウイルス感染の「第8波」は、12月に入ってからも減少することなく横ばい状態が続いています。症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられています。 妊婦様が感染しても赤ちゃんには影響がないことが多いのですが、陣痛開始時に感染していた場合には、飯塚病院に入院し、帝王切開での出産となります。 妊婦様の感染は同居するご家族

寒くなってきて、これからインフルエンザと新型コロナの同時流行の可能性が危惧されています。両方とも予防する、あるいは重症化を防ぐためには、それぞれのワクチンをなるべく早く接種することが重要です。最近の報告では、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種について、単独で接種した場合と比較し有効性及び安全性が劣らないとされ、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとは同時接種や2週間の間隔

bottom of page