• 田中クリニック

経口避妊薬(OC)・月経困難症治療薬(LEP)と新型コロナウイルス感染

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、過度の炎症、血液凝固の活性化、血管内皮機能不全などにより、動脈系・静脈系の両方で血栓性疾患を起こしやすくなるとの報告が蓄積されてきました。しかもアンケート調査結果から、血栓症は症状悪化時に多かったが、回復期にもかなりの数が発症していたことが明らかとなりました。したがって、新型コロナウイルスに感染した場合には、OC・LEPを中止する必要があります。回復期にも血栓症が発症していることから、OC・LEPの再開時期は一概に断定できません。ケースバイケースでの対応が必要となります。

なお、新型コロナウイルスワクチンに関しては、接種前後でにOC・LEPの使用を控える必要はないとされています(英国王立産婦人科医協会のFSRH、米国CDC)。

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向が続き、感染防止と社会活動の両立に向けた取り組みの強化が行われるようになりました。しかしながら、9月15日においても飯塚市居住者で、新型コロナウイルス感染症の陽性者が100名も確認されている状況を鑑みれば、医療機関においては未だ感染対策を緩めるべきではないと考えています。したがって立ち会い分娩、マタニティービクスの中止、母親教室、お産準備クラスの個別指導は