top of page
  • 田中クリニック

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応(第 6 版)

令和3年12月20日付けで日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本産婦人科感染症学会は、連名で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応(第6版)を報告しました。要点は以下の通りです。


1. 令和3年12月1日現在、新規感染者は減少していますが、今後も厳重な注意が必要です。


2. 新型コロナウイルスは高い頻度で変異します。変異株によって、病原性や感染性、ワクチン治療薬の効果が異なる可能性があります。WHOや国立感染症研究所では、ウイルスの変異を常に監視しており、特にリスクが高いと考えられ る変異株については「懸念される変異株(variant of concern, VOC)」と位置付けて注意喚起を行います。


3. 現在、新たな変異株をはじめ、第6波が到来する可能性がありますので、個人個人の感染予防と重症化予防が重要です。妊婦も高齢者や合併症のある患者さんと同様の扱いになります。


4. 感染を広げないため、感染が疑われる場合には、患者さんご自身で保健所の相談窓口に相談し、指示された対応医療機関を受診するようしてください。


5. 日本国内での新型コロナウイルスワクチン接種率は高い水準となりました。今後、ブースター接種(3回目の接種)が進められる見込みです。しかし、ウイルスの変異によっては、現行のワクチンの予防効果が減弱する恐れもあります。引き続き、以下(①〜⑤)の基本的な感染伝播予防の徹底が必要です。

① マスク着用

② 手指衛生(手洗い・消毒)

③ 換気

④ 環境消毒

⑤ 3つの密(密閉、密集、密接)を避ける


6. 現時点(令和 3 年 12 月)では、妊婦の 3 回目の接種に関する特段の情報はありませ ん。これまでの経緯から考えて通常の方と同様の対応でよいと考えております。



最新記事

すべて表示

10月から増加傾向が続いてきた新型コロナウイルス感染の「第8波」は、12月に入ってからも減少することなく横ばい状態が続いています。症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられています。 妊婦様が感染しても赤ちゃんには影響がないことが多いのですが、陣痛開始時に感染していた場合には、飯塚病院に入院し、帝王切開での出産となります。 妊婦様の感染は同居するご家族

寒くなってきて、これからインフルエンザと新型コロナの同時流行の可能性が危惧されています。両方とも予防する、あるいは重症化を防ぐためには、それぞれのワクチンをなるべく早く接種することが重要です。最近の報告では、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種について、単独で接種した場合と比較し有効性及び安全性が劣らないとされ、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとは同時接種や2週間の間隔

bottom of page