top of page
  • 田中クリニック

寒い時期の感染予防対策

新型コロナウイルスの感染状況は現在のところ落ち着いていますが、新型コロナウイルスの特徴から考えると、感染予防対策はこれまで通り続けていく必要があります。さらにこれからの季節、寒さが増してくるとインフルエンザも流行する可能性がありますので、厳重な感染予防対策が重要です。

当院では以下の点に留意して診察を行っていますので、少しひんやりすることがあるかもしれませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

① 🪟 今のところ換気のため常に窓を少し開けています。ただし寒さが厳しくなってきた場合には、1時間に5分程度の換気を行う予定です。その時は冷風が診察室に入ってきます。

② 🛏️ 患者様がかわられる度にベッドや枕などをアルコール消毒していますので、布製のシーツ、枕カバー、足かけは使用できません。そのためアルコール消毒可能な防水素材に直接触れることになります。

最新記事

すべて表示

子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種には期限があります

平成25年から令和3年は、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種対象者への積極的勧奨が差し控えられていましたので、定期接種の対象であった方々(小学校6年〜高校1年相当)の中には、HPVワクチンの接種機会を逃した方がいらっしゃいます。こうした方に、公費での接種機会を確保するため、定期接種の対象年齢を超えて行う接種のことを「キャッチアップ接種」といいます。対象は、誕生日が平成9年4月2日~平成1

Commentaires


bottom of page