top of page
  • doctork64

子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種には期限があります

平成25年から令和3年は、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種対象者への積極的勧奨が差し控えられていましたので、定期接種の対象であった方々(小学校6年〜高校1年相当)の中には、HPVワクチンの接種機会を逃した方がいらっしゃいます。こうした方に、公費での接種機会を確保するため、定期接種の対象年齢を超えて行う接種のことを「キャッチアップ接種」といいます。対象は、誕生日が平成9年4月2日~平成19年4月1日の女性で、過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない方です。キャッチアップ接種の期間は令和4年4月~令和7年3月の3年間です。HPVワクチンは接種開始から終了まで6カ月かかりますので、令和6年10月までに接種を開始ししなければ、公費による接種が間に合わなくなります。

コメント


bottom of page