top of page
  • 田中クリニック

インフルエンザと新型コロナの同時流行の可能性

寒くなってきて、これからインフルエンザと新型コロナの同時流行の可能性が危惧されています。両方とも予防する、あるいは重症化を防ぐためには、それぞれのワクチンをなるべく早く接種することが重要です。最近の報告では、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種について、単独で接種した場合と比較し有効性及び安全性が劣らないとされ、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとは同時接種や2週間の間隔を開けずに接種することが可能となりました。

妊娠中にインフルエンザウイルスや新型コロナウイルスに感染すると重症化するリスクが高い可能性があり、さらに産婦人科クリニックでの対応が難しくなることもありますので、ワクチン接種を受けられた方がよいと思います。

妊娠中の時期を問わず接種可能ですが、妊娠初期はワクチン接種の有無にかかわらず自然流産が多い時期ですので、心理的影響を踏まえて、母子手帳を交付された時期以降の接種をお勧めしています。

最新記事

すべて表示

子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種には期限があります

平成25年から令和3年は、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種対象者への積極的勧奨が差し控えられていましたので、定期接種の対象であった方々(小学校6年〜高校1年相当)の中には、HPVワクチンの接種機会を逃した方がいらっしゃいます。こうした方に、公費での接種機会を確保するため、定期接種の対象年齢を超えて行う接種のことを「キャッチアップ接種」といいます。対象は、誕生日が平成9年4月2日~平成1

bottom of page