• 田中クリニック

「福岡コロナ警報」発動

新型コロナウイルスの感染は6月まで減少傾向にありましたが、7月になって再び増加し始め、福岡県では7月6日に県独自の「福岡コロナ警報」が発動されました。

全国的な感染者の増加について、厚生労働省における新型コロナウイルスの専門家会合は、これまで主流だったオミクロン株の「BA.2」から「BA.5」系統への置き換わりが要因になっていると分析しています。「BA.5」は「BA.2」に比較して感染者増加の優位性(感染が広がりやすい)や免疫逃避(ワクチンの効果が小さい)が指摘されています。すなわち、今まで以上に感染しやすい新型コロナウイルスによる感染が増加し始めたと推測されます。

6月には立会い分娩およびマタニティービクスの再開をそろそろかなと考えていたのですが、新型コロナウイルス感染者数の再上昇という事態に直面し、安全な診療を維持するために、もうしばらく立ち会い分娩およびマタニティービクスは中止とします。

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向が続き、感染防止と社会活動の両立に向けた取り組みの強化が行われるようになりました。しかしながら、9月15日においても飯塚市居住者で、新型コロナウイルス感染症の陽性者が100名も確認されている状況を鑑みれば、医療機関においては未だ感染対策を緩めるべきではないと考えています。したがって立ち会い分娩、マタニティービクスの中止、母親教室、お産準備クラスの個別指導は