top of page
  • 田中クリニック

「福岡コロナ警報」発動

新型コロナウイルスの感染は6月まで減少傾向にありましたが、7月になって再び増加し始め、福岡県では7月6日に県独自の「福岡コロナ警報」が発動されました。

全国的な感染者の増加について、厚生労働省における新型コロナウイルスの専門家会合は、これまで主流だったオミクロン株の「BA.2」から「BA.5」系統への置き換わりが要因になっていると分析しています。「BA.5」は「BA.2」に比較して感染者増加の優位性(感染が広がりやすい)や免疫逃避(ワクチンの効果が小さい)が指摘されています。すなわち、今まで以上に感染しやすい新型コロナウイルスによる感染が増加し始めたと推測されます。

6月には立会い分娩およびマタニティービクスの再開をそろそろかなと考えていたのですが、新型コロナウイルス感染者数の再上昇という事態に直面し、安全な診療を維持するために、もうしばらく立ち会い分娩およびマタニティービクスは中止とします。

最新記事

すべて表示

10月から増加傾向が続いてきた新型コロナウイルス感染の「第8波」は、12月に入ってからも減少することなく横ばい状態が続いています。症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられています。 妊婦様が感染しても赤ちゃんには影響がないことが多いのですが、陣痛開始時に感染していた場合には、飯塚病院に入院し、帝王切開での出産となります。 妊婦様の感染は同居するご家族

寒くなってきて、これからインフルエンザと新型コロナの同時流行の可能性が危惧されています。両方とも予防する、あるいは重症化を防ぐためには、それぞれのワクチンをなるべく早く接種することが重要です。最近の報告では、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種について、単独で接種した場合と比較し有効性及び安全性が劣らないとされ、新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとは同時接種や2週間の間隔

bottom of page